子どもの歯磨きコラム

こどもと楽しい歯磨きタイム!成長別、嫌がらないテクニックとは?

更新日:

こどもと楽しい歯磨きタイム!成長別、嫌がらないテクニックとは?

「毎日のこどもの歯磨きが憂鬱」

そんなママも多いのではないでしょうか?

こどもの歯を守るために歯磨きは必須だけど、こどもが嫌がるとママだってストレス・・・。

毎日のことだし、できれば無理やり押さえつけたりせず、機嫌よく楽しく歯磨きしたい!

そんなママに、今日から始められる、歯磨きタイムを楽しくするテクニックを紹介するよ!

 

歯磨きはいつから始まるの?

歯磨きはいつから始まるの?

一般的な歯磨きデビュー時期

一般的に赤ちゃんの歯磨きは、下の前歯が生えてくる6ヶ月から1歳頃にスタートします。

まずは「歯磨き」を教えて慣れさせることから始めましょう。

そして、上下の前歯が合計4本生えてきたら、本格的に歯ブラシを使ったブラッシングが始まります。

歯が生える前は何もケアしなくていいの?

 

歯が生える前からできること

「歯を磨く」という行為自体は、もちろん歯が生えてから始まるものですが

歯が生える前でも、こどもを歯磨き好きにするためにできることがあります!

それは、歯磨きの楽しさを伝えることです。

“歯磨き=嫌なもの“と記憶してしまうと、どんどん嫌いになり悪循環が始まります。

”歯磨きは楽しいもの、大切なもの”だと感じさせることが大事です。

後述する、なぜ嫌がるのかを理解して、「楽しい歯磨きタイムを作る方法」を参考にしてみてくださいね!

「歯磨きタイムを始める前に」は歯が生えていない赤ちゃんにもオススメ!
「歯磨きは1日に何回必要なの?」と気になった方は、こどもの歯磨き習慣についてまとめた、こちらの記事も読んでみてね!
歯磨きの回数
こどもの歯磨きは大事な生活習慣
こどもの歯磨き、朝も必要?1日に何回が正解?正しいケア習慣化のコツ

こどもの大事な生活習慣の1つ、歯磨き。 虫歯予防に歯磨きの習慣が大事だと知っていても、 「朝も磨いた方がいいの?」 「1日に何回必要なの?」 と疑問に思うママも多いのではないしょうか? 正しい習慣のポ ...

続きを見る

 

どうして嫌がる子が多いの?

どうして歯磨きを嫌がる子が多いの?

こどもが歯磨きを嫌がる理由は一概に言えないほど様々ですが、大まかに分類してみました。

「歯磨き=嫌な時間」となってしまわないよう、当てはまることがないかチェックしてみてね!

 

歯ブラシを口に入れるのが不快

歯ブラシが不快

赤ちゃんは顔や口の中を触られるのを本能的に嫌がります。

それに加え、固くて毛のある得体のしれないものを口に入れられるわけですから、実は嫌がって当然なんです。

 

仰向けの体勢が不安

 

仰向けの体勢が不安で怖い

普段の生活で、あまり仰向けになることってないですよね。

「これから何をさせられるんだろう」という恐怖心を抱く子も多いです。

また、大人が上から覆いかぶさってくる体勢に対して怖いと感じてしまう子もいるようです。

 

ずっと同じ体勢を保つのがつまらない

ずっと同じ体勢を保つのがつまらない

歯磨きの間、ずっと同じ体勢で口をあけているのは大変だし面白くないですよね。

特に1歳~3歳頃はいろんなことに興味があって自由に動きたいもの。

また、「歯磨きは寝る前」ということが理解できていれば、「まだ寝たくない!もっと遊びたい!」という気持ちで、歯磨きの体勢になるのを嫌がっていることもあります。

 

歯磨きタイムのママ(パパ)の顔が怖い

歯磨きタイムのママ(パパ)の顔が怖い

こどもが嫌がれば嫌がるほど、ママ(パパ)はイライラしてしまってませんか?

こどもは大人の表情をよく見ています。

そして、嫌なことからは逃げたいという本能も持っています。

歯磨きの様子をムービーに撮ってもらうと客観的に見れて良いかも!

 

歯ブラシが歯茎に当たって痛い

 

歯ブラシが歯茎に当たって痛い

つい、こどもの歯をゴシゴシ磨いてしまっていませんか?

乳歯だと100g、永久歯でも150g程度の力が適切だそうです。

キッチンスケールに歯ブラシを押し付けて確認してみて!

力の強さの他にも、歯ブラシの動かし方が大きすぎたり固定ができていないのも痛みの原因になります。

また、上唇小帯(上唇とハグキの間にあるスジ)が歯ブラシに当たると痛いので、上の歯の歯磨きを特に嫌がっているようなら、指を上唇小帯の上にのせて当たらないようにしてあげましょう。

上唇小帯にあたると痛い

 

成長別!楽しい歯磨きタイムを作る方法

楽しい歯磨きタイムを作る方法

歯磨きを好きになってもらうには、

「歯磨き=楽しい」

「歯磨き=大切」

だと知ってもらうことが大事です。

こどもと一緒に歯磨きタイムを楽しむためのアイディアを紹介するよ!

 

歯磨きタイムを始める前に

歯の生える前の0歳からオススメ!

 

歯磨きタイムをはじめる前に

一見、歯磨きとは関係なさそうにみえるものもあるかもしれませんが、歯磨きをスムーズに進めるために重要なポイントです。

 

ママの歯磨きを見せる

ママの歯磨きを見せる

こどもはママの真似をするのが大好き

普段から歯磨きする姿を見せておくことで、歯磨きに対して興味がでてきます。

「歯磨き」を知っていると、歯磨きに対する恐怖感や抵抗感が和らぎます。

こどもを寝かしつけてから歯を磨くのではなく、こどもが起きているうちに歯磨きする姿を見せてあげてください。

面倒そうにやるのではなく、楽しそうにやるのもポイント!!

 

顔を触る遊びをする

赤ちゃんは、本能的に顔や口周りを触られるのを嫌がります。

これは、仕方ないことなので落ち込む必要はありません。

日ごろから顔や口周りを触るコミュニケーションで慣らしておくと、抵抗なく歯磨きを進めることができます。

どうやってそんなコミュニケーションを取ればいいの・・・?

「かわいいほっぺ」という手遊び歌がオススメだよ!チェックしてみてね。

 

 

うつ伏せの体勢で遊ぶ

顔を触ることに慣れるのと同じくらい、うつ伏せの体勢に慣らすことも大切です。

特に歯磨きの時は、ママの股の間に寝かせる体勢が口の中を見やすくてオススメですが、こちらもなかなか普段の生活では馴染みのない体勢です。

さらに、こどもの身体を固定するために、こどもの両腕をママの足でおさえる方法がありますが、これをされるとより嫌がる子はとても多いです。

嫌がらせないためには、これも遊びの延長で慣れさせるのがオススメです。

まずは膝の上→股の間→体固定、というようにステップを設けてあげてください。

膝の上で遊ぶのにオススメは、こどもに大人気の「バスにのって」♪

こどもが楽しんでくれたら、そのままリズムにのって、股の間へゴロンと寝かせます。

寝かすことに成功したら、ママの顔を近づけて「いないいないばぁ!」

数回くりかえせば、ママの足で腕を固定しても泣かなくなります。

膝の上で遊ぶのは首が座ってからにしてくださいね!!

 

 

歯ブラシに慣れさせる

歯が生えてくる6ヶ月頃からは、ちょうどなんでも口に入れたがる時期の子も多いので、そんな子には歯固めやオモチャのような歯ブラシを噛んでもらうのもオススメですよ。

好きなようにカミカミさせることで歯ブラシへの抵抗感が和らぐよ!

歯ブラシの感触を嫌がる子には、いきなり歯ブラシを使うのではなく、ガーゼ(歯磨きシートなど)で磨くだけでも十分です。

ガーゼ(歯磨きシートなど)は衛生面から、毎回使い捨てしてあげてくださいね!

ある程度指で磨くのに慣れたら、指サック型の歯ブラシもあるので、こちらも徐々に慣らしたい方にオススメです!

仕上げ磨きが本格的に始まったら、やわらかくてヘッドが小さい子供用歯ブラシを使いましょう。

また、好きなキャラクターや色などを選ばせてあげるとイヤイヤも軽減されますよ。

年齢別のオススメ歯ブラシはこの記事をチェックしてね!
歯ブラシの選び方
歯ブラシの年齢別選び方のポイント
歯ブラシは年齢別に変えるべき?選び方のポイントと虫歯予防の注意点は?

こどもの歯を健康に保つために欠かせないのが、毎日の歯磨き。 こどもの歯は年齢によって本数や状態も違うので、子どもの歯の成長に合わせた歯ブラシを選ぶことが実はとても大切です。 でも、うっかり間違えて対象 ...

続きを見る

 

STEP1. 楽しい雰囲気を演出する

歯磨きが本格的に始まった1歳頃からオススメ!

歯磨きが本格的に始まった1歳頃にオススメの歯磨き

 

テーマソングを決める

大人も歌を歌うと楽しい気持ちになれますよね。

自然とママの顔も笑顔になります。

歯磨きとは関係のない、ママの好きな歌でもOKですが、できたら毎回違う歌より、歯磨きタイムのテーマソングを決めてしまうのがオススメ。

歯磨きの時はこの歌、お風呂の時はこの歌、つめ切りの時はこの歌、とテーマソングを決めておくと、歌を歌うだけでこどもから自発的に動いてくれるようになりますよ♪

 

鏡を持たせる

歯磨きはこども自身が見ることができないので、ママが何をしているんだろうと不安に思う子は多いです。

鏡を持たせて歯を磨いている様子を見せてあげると安心したり、興味を持ってくれたりしますよ。

赤ちゃんは自分の顔を見るのも大好きだから、じっと夢中になってくれるかも!

↓のミラー付きオモチャなら、月齢の低い子でも持ちやすいのでオススメです。

Sassy ラトル ガラガラ スマイリー・フェイス・ラトル・ファン TYSA80398

Sassy ラトル ガラガラ スマイリー・フェイス・ラトル・ファン TYSA80398

 

親子でみがきっこする

 

親子でみがきっこする

こどもに歯ブラシを持たせて、ママの歯を磨いてもらいましょう。

先端がのどに刺さらないように注意してくださいね!
①一緒に歯ブラシを持つこと、②口を「イー」にしておくことが安全のコツだよ

実際に歯磨きを体験することでイメージがしやすいのと、親子のコミュニケーションお手伝いとしてこどもの自立心や達成感にもつながります。

 

ぬいぐるみと一緒に歯磨きする

ぬいぐるみと歯磨きする

ぬいぐるみやパペットをつかうと、一気に遊びの雰囲気になります。ぬいぐるみの使い方は無限大!!!

ぬいぐるみになりきって「歯磨きの時間だよ~★」とこどもに話しかけて誘導するのもオススメ。

また、ママがぬいぐるみと一緒に歯ブラシを持って磨いてあげると、楽しい雰囲気にイヤイヤも軽減されます。

他にも、ぬいぐるみに対しておままごとの要領で歯磨きをしてあげるのは、上で紹介した、鏡と磨きっこのような視野効果も疑似的に期待できますね。

ぬいぐるみが好きな子と、本物志向の子といるので、お子さまの興味がありそうなほうで試してみてください。

 

STEP2. 歯磨きする理由を教える

大人の言葉の理解が深まる1歳半頃からオススメ!

大人の言葉の理解が深まる1歳半頃にオススメの歯磨き

 

絵本で歯磨きの習慣を教える

大人の言っていることが理解できるようになってきたら、歯磨きの大切さを教育していきましょう。

もちろん、ノンタンのように赤ちゃんでも覚えやすいフレーズで、みんなで歯磨きする楽しさや習慣を学べるものは赤ちゃんでもオススメです。

ノンタンはみがきはーみー (赤ちゃん版 ノンタン8)

ノンタンはみがきはーみー (赤ちゃん版 ノンタン8)

 

ストーリー性のある絵本も読めるようになってきたら、歯磨きしないとどうなるのかも教えていきましょう。歯磨きをすることの意味がわかれば、やる気もアップします。

「すきすきはみがき」はやさしい絵ながらも、虫歯の怖さをしっかりと教えてくれます。

すきすきはみがき (こぐまのくうぴい)

すきすきはみがき (こぐまのくうぴい)

 

Youtubeで虫歯の怖さも教える

絵本と基本的には同じ効果ですが、動画の方がイメージしやすいうえに、食いつきもいいのではないでしょうか?

Youtubeにはとても分かりやすい、楽しく歯磨きできるような動画がたくさんあるよ!

↓はとてもわかりやすいアニメになっていて、お子さんも「歯みがきしなきゃ!」と思うこと間違いなしです。

 

STEP3. ご褒美でやる気アップ

自我が芽生えてきた2歳頃からオススメ

自我が芽生えてきた2歳頃にオススメの歯磨き

 

ごほうびシールで自主的に

歯みがき ごほうびシート

こどもはシールが大好き!!

モチベーションをあげるのに「ご褒美」はとても効果があります。

ママが言う前に自分から進んで取り組んでくれるようになりますよ!

最初はシール目的で始めても、続けていくうちに習慣に変わり身についていきます。

 

虫歯予防タブレットでママもこどももニコニコに

虫歯予防タブレット

こども向けの虫歯予防タブレットって知ってる?

 

見た目もラムネみたいでおいしいタブレットがもらえるのは、こどもにとって歯磨きタイムがより楽しみな時間となります。

紹介するのはイチゴ味がこどもに嬉しい「むしばいばい」。

配合されているBLIS M18という成分に歯垢を減らしてくれる効果があります。

こどもが喜ぶだけでなく、磨き残しにもしっかりアプローチしてくれるのがママにも嬉しいポイントです。

「むしばいばい」は2歳になってから!

 

STEP4. アプリを使ってゲーム感覚で

自分磨きに慣れてきた4歳頃からオススメ

自分磨きに慣れてきた4歳頃にオススメの歯磨き

 

歯磨きを体験できるアプリ

動画よりもさらにイメージしやすい、体験型のアプローチです。

アプリのいいところは、実際に歯がキレイになっていく様子を体験できるところ!

はみがきアプリ「親子で楽しく動物さんの歯を磨こう!」は、かわいい動物さんの歯をキレイに磨いてあげるアプリです。

こども心をよくわかっていて、歯を磨き終わるとシールがもらえたり、歯磨きできる動物さんが増えていきますよ!

はみがきアプリ「親子で楽しく動物さんの歯を磨こう!」

はみがきアプリ「親子で楽しく動物さんの歯を磨こう!」

yumearu Co.,Ltd.無料posted withアプリーチ

 

 

「はみがき勇者」は新感覚はみがきRPGです。

歯ブラシを持ってカメラに向かったお子さんが勇者に大変身!

歯磨きをすることでモンスターを倒していきます。

いろんな角度で磨くほど攻撃力が強くなるんだよ!!

時間をかけながらしっかり磨くことも学べるね。

はみがき勇者

はみがき勇者

LITALICO Inc.無料posted withアプリーチ

 

 

歯ブラシがスマホ連動するアプリ

時代はここまで進歩したんだな、と思わざるを得ない画期的なアプリも紹介します。

「シャカシャカぶらしセット」はアプリと連携して、楽しく歯磨き習慣化ができる歯磨きモニタリング商品です。

連動型ですが、専用の歯ブラシを購入する必要はなく、お好きな歯ブラシにくまちゃんのアタッチメントをセットして、 アプリを起動するだけというのも嬉しいポイント。

アプリに従って歯磨きするだけで、しっかりと磨き方を学ぶことができます。

1つのアプリで5人まで登録できるから、兄弟がいても安心だね!

商品の購入はこちらから。

 

 

番外:イヤイヤ期対処法

イヤイヤ期の歯磨き

イヤイヤ期になると、今まですんなりとやっていてくれたことも急に拒否し始めたり、ご機嫌を切り替えさせるのも一苦労ですよね。

番外編として、別記事にまとめたので、こちらもチェックしてみてください!

イヤイヤ期
イヤイヤ期の歯磨きおすすめ解決方法
イヤイヤ期の歯磨きどうする?厳選解決法4選!逃げない、泣かない、暴れない!

あれもイヤ!これもイヤ! ついついママまで泣きたくなってしまう、魔のイヤイヤ期… 我が家も、2人とも、とっっても大変でした。 赤ちゃんから子どもに成長した証、必ず訪れる子育ての試練、と思っていてもココ ...

続きを見る

 

まとめ

あの手この手で、こどもに歯磨きを楽しんでもらう方法を紹介しました。

今回紹介した内容を参考にしていただければ、きっとお子さんの歯磨き嫌いを克服する方法が見つかるはずです。

年齢の目安を書いていますが、なんでも少しづつのステップアップが必要ですので、

お子さまの嫌がり具合に合わせてSTEPは前後させたり組み合わせたりしてみてください。

お子さまに合った方法を見つけて、親子で楽しい歯磨きタイムを過ごしてくださいね!

 

 

  • この記事を書いた人
子どもの歯磨き研究ママ

子どもの歯磨き研究ママ

5歳の女の子と2歳の男の子の2児のママです。長女の歯磨きでとても苦労してきた経験から、子どもの歯磨き対策にはとても詳しくなりました。お医者さんであるパパとも相談しながら、子どもの体と心の健康をモットーに、新しい歯磨きグッズなども一通り試しています。そんな経験を素直に届けたくて、サイト管理人となり、情報発信しています。

-子どもの歯磨きコラム

Copyright© こどもの歯磨き嫌いを直したいママへ!克服するやり方やおすすめグッズ!子どもの虫歯予防 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.