子どもの歯磨きコラム

BLIS菌って何?最新の虫歯予防・歯周病予防・口臭予防方法とは

更新日:

虫歯にならない秘密はBLIS菌にあった

「虫歯がない人や口臭のない人は、どういう口内ケアをしているんだろう?」

そう思ったことはないですか?

私は、曾祖父の代からの歯科医の家庭に生まれ育ち、しっかりと歯磨きを毎日行ってきましたが学生の頃に虫歯になりました。しかも、4本!!

どんなに気を付けていても虫歯ってなるものなんだろうなと思ってましたが、夫と結婚してビックリ。

酔っ払って帰ってきた日は歯を磨かず寝ようとしてたり、普段から結構適当なんです。。

それなのに生まれて一度も虫歯になったことがないんです!口臭もしません。

悲しいことに、どんなに歯磨きを頑張っても虫歯になりやすい人、逆に適当にしていても虫歯になりにくい人は存在するということを知りました。

BLIS菌保有は人口の2%

2%

この数字、なんの数字だかわかりますか?

世界人口に対して、生まれながらにして、虫歯にならず口臭もしない人たちの割合なんです!

その2%の人たちが持っている秘密は、いま虫歯予防・歯周病予防・口臭予防法として注目されるBLIS菌(ブリス菌)にあります。

そして、残念ながら98%である可能性が高い私たちも、その恩恵を受けることができちゃうんです!

この記事では、BLIS菌の特性を調査した結果を紹介します!最後にBLIS菌を使った商品も紹介しています。

 

BLIS菌(ブリス菌)について知ろう!

BLIS菌とは?

BLIS菌とは、オタゴ大学のジョン・タグ博士が発見した口内乳酸菌です。

乳酸菌と聞くと、ヨーグルトでおなじみ、腸内で大活躍の善玉菌ってイメージですよね?

BLIS菌もヨーグルト乳酸菌と親戚のような関係で、細菌に対する抗菌物質を作っています。

違いは、口内で活躍するか、腸内で活躍するか、です。

ヨーグルト乳酸菌は口内で留まっておけないのと同じで、BLIS菌は腸内では生きられません。

 

プロバイオティクスって聞いたことある?

BLIS菌で口内プロバイオティクスまさに、前述のヨーグルトの話なのですが、近年「プロバイオティクス」が健康のため注目されています。

ヒトの体には約100兆個にもおよぶ多種多様な細菌が生息していて、その中には、大きく分けて善玉菌と悪玉菌あります。

菌を殺してカラダを守るアンチバイオティクス(抗生物質)に対して、プロバイオティクスは、カラダによい菌を増やすことで健康を守ろうとする考え方から生まれたものです。

うがいなどで口の中を殺菌できますが、結果的に善玉菌も減ってしまい、口の中の環境を良くできません。

BLIS菌はまさに、口内のプロバイオティクスなんです!!

 

BLIS菌は口の中から見つかった!

BLIS菌は口の中から発見

BLIS菌が発見されたのは、こどもの口の中でした。

冒頭で紹介した、虫歯にならない2%のこども達です。

保持している人は少ないものの、BLIS菌は常在菌と呼ばれるもので、一般にヒトが持つ細菌です。

生後2日の赤ちゃんの口の中からも見つかるほどで、お母さんの母乳にも含まれています。

つまり、乳酸菌やビフィズス菌のように、親から子へと受け継がれる安全で価値のある善玉菌ということです。

この安全性から、フッ素にかわる虫歯予防成分として、虫歯治療の専門家の間でも注目されています。

 

商品化しているBLIS菌は現在2種類!

BLIS M18とBLIS K12について

BLIS菌には、その中でも特に有効なBLIS M18BLIS K12の2種類あります。

BLIS M18は虫歯予防に、BLIS K12は口臭、歯周病、咽頭炎予防に効果があります。

特徴をもう少し詳しく紹介します。

 

BLIS M18の特徴

虫歯予防に効果的なBLIS M18の特徴をまとめてみました。

BLIS M18の特徴

  • ミュータンス菌の減少
  • ミュータンス菌の酸を中和
  • バイオフィルムの溶解、除去

 

ミュータンス菌の減少

ミュータンス菌の減少

ミュータンス菌とは、いわゆる虫歯菌のことです。

虫歯は、虫歯菌がいなければ発症しない、インフルエンザやO-157と同じような感染症です。

BLIS M18は虫歯菌の活動を抑制する結果が報告されています。

 

ミュータンス菌の酸を中和

ミュータンス菌の酸を中和

口内は通常時、中性に保たれています。

食事をするとミュータンス菌等の虫歯菌が糖分を摂取して酸性になります。

酸性になると歯のエナメル質が溶けやすく、虫歯になりやすい環境になります。

BLIS M18は、ウレアーゼと呼ばれる尿素分解酵素を作り出し、唾液に含まれる尿素をアンモニアに分解して、口の中の酸を中和して歯を溶けにくくする働きが期待できます。

 

バイオフィルムの溶解、除去

バイオフィルムの溶解、除去

バイオフィルムとは、歯垢(プラーク)と呼ばれるネバネバした膜のことです。

よく排水溝のヘドロと例えられることが多く、なかなか歯ブラシでも落としきれない曲者ですが、

BLIS M18が生産するデキストラナーゼと呼ばれる酵素がバイオフィルムの分解と除去に役立ちます。

 

 

BLIS K12の特徴

口臭、歯周病、咽頭炎予防に効果的なBLIS K12をまとめました。

BLIS K12の特徴

  • 病原菌の抗菌、殺菌
  • 歯周病、歯肉炎の炎症抑制
  • 口臭の予防

 

病原菌の抗菌、殺菌

病原菌の抗菌、殺菌

BLIS K12が持つ抗菌物質は、様々な病原菌に付着して抗菌・殺菌効果を発揮します。

特に、咽頭炎や扁桃腺炎の原因菌として知られる化膿レンサ球菌に対して強い抑制効果を発揮します。

 

歯周病、歯肉炎の炎症抑制

歯周病、歯肉炎の炎症抑制

歯周病になると、歯肉の腫れを起こすホルモンを分泌します。

このホルモンがどんどん出す毒素が歯肉や骨を破壊して過剰炎症が進むと、歯が抜け落ちる原因になります。

BLIS K12はこのホルモンを抑制し、過剰炎症を抑える効果が確認されています。

 

口臭の予防

口臭の予防

口臭の原因は大きく分けて生理的口臭病的口臭があります。

生理的口臭は、寝起きや食べ物による口臭で、一時的な口臭です。

病的口臭はすぐに対策が必要ですが、慢性的な口臭なので本人が気づきにくいという特徴があります。

原因のほとんどは歯周病や咽頭炎なので、BLIS K12の抗菌・殺菌効果で口臭予防が期待できます。

 

BLIS菌を使った商品はどこで買える?

BLIS菌はどこで買える?

虫歯、口臭、歯周病、咽頭炎予防に効果的なBLIS菌。

生まれながら持っていれば良いですが、冒頭で紹介した通り、98%の人は残念ながら持っていません

では、どうすれば良いのでしょうか?

ヨーグルトのように、食品として直接体に取り込むしかありません。

生きた善玉菌が実際に効果を発揮するためには、体の中に長く留まれるかどうかが重要です。

実は、BLIS菌は素晴らしいことに、口の中の粘膜に強い付着性があることがわかっています。

このことから、BLIS菌の摂取が、最新の虫歯予防・歯周病予防・口臭予防の方法と言われています。

BLIS菌で虫歯、口臭、歯周病、咽頭炎予防したい!という方へ、BLIS菌配合の商品を紹介します。

BLIS菌配合の商品はまだあまり市場に出ていなくて、ドラックストア等店頭では手に入らないみたい。Amazonや楽天にもまだ展開されていないので、公式HPのリンクから購入してね!

 

子育てのミカタ「むしばいばい」

むしばいばい

BLIS M18配合!

役立つ子育て情報ポータルサイト「子育てのミカタ」から、こども向け虫歯予防サプリ「むしばいばい」が発売されています。

むしばいばいに期待できる効果は

乳酸菌BLIS M18配合による虫歯予防

歯磨き後のご褒美として、歯磨き嫌いの克服

歯磨きタイムのママのストレス軽減

です。

タブレット型のサプリで、歯磨き後になめるだけという商品です。

イチゴ味のおいしさから、虫歯予防だけでなく、歯磨き後のご褒美としてもこどもに大人気です!

むしばいばいの効果レビューや口コミはこちらの記事にどうぞ!
効果
むしばいばいで子どもの歯を守る
むしばいばいで歯を守る!虫歯予防効果と我が家の体験談も公開!

こんにちは。歯磨き嫌いの子供を持つ、2児のママです。 我が家の2歳の息子も、歯磨きが大嫌いで、毎日の歯磨きの時間が戦争でした。。 泣いてる方が口が開いて磨きやすいんだよね、とか謎のポジティブ?を発しな ...

続きを見る

口コミ
むしばいばいのリアルな口コミ!実際の子供の反応や効果は?

「むしばいばい」は、ひよこクラブ2018年6月号に広告が掲載されて注目されている、子供用虫歯予防サプリ。 むしばいばいに期待できる効果は 乳酸菌BLIS M18配合による虫歯予防 歯磨き後のご褒美とし ...

続きを見る

 

ウィステリア製薬「ブリアン」

ウィステリア製薬からは、ブリス菌配合の歯磨き粉が発売されています。

こども用・大人用・ペット用の3種類紹介します。

 

こども用「ブリアン」

子供用ブリアン

BLIS M18配合!

日本で初めてBLIS M18を採用したこども用の歯磨き粉です。

3歳までに虫歯菌がお口に入らなければ、虫歯にならないと言われていますが、一度虫歯菌がお口に入ってしまったお子様でも虫歯になりづらい口内環境を作ることができます。

子供達が大好きなイチゴヨーグルト味を採用。

歯磨きを嫌がるお子様からも「美味しからブリアンで歯を磨きたい」と大好評の商品です。

 

大人用ブリアン「ペリオン」

大人用ブリアン「ペリオン」

BLIS M18・BLIS K12配合!

BLIS M18とBLIS K12を採用した世界初の歯磨き粉です。

後味スッキリ、息もリフレッシュできるミント味を採用。

またブリアン同様、成分にもこだわっており、殺菌剤・発泡剤・界面活性剤等体に悪いものは使用しておりません

 

ペット用ブリアン「ラブリービー」

ペット用ブリアン「ラブリービー」

BLIS K12配合!

ブリス菌を配合したワンちゃん・ネコちゃん用の 口臭・歯周ケア商品、ラブリービー(Lovely B)です。

ブリス菌の他に乳酸菌やオリゴ糖も配合されているので、口腔ケアだけでなく腸内ケアもできます。

ラブリービーはワンちゃん・ネコちゃんの毎日のご飯に混ぜるだけ!

自然由来の無添加成分のみにこだわっているので、大切な家族であるワンちゃん・ネコちゃんにも安心して与えられます。

 

まとめ

BLIS菌で家族の健康を守ろう

BLIS菌は、赤ちゃんが保有していたり母乳にも含まれているほど安全な細菌で

虫歯予防や歯周病予防、口臭予防にも効果的な善玉菌であるということがわかりました。

今はまだBLIS菌配合の商品は数少ないですが、これからどんどん増えていって新しい常識になるかもしれません。

ご自身の口内環境や、大切なお子さまや家族の健康維持のためにも、BLIS菌を活用した生活習慣を検討してみてはいかがでしょうか。

 

  • この記事を書いた人
子どもの歯磨き研究ママ

子どもの歯磨き研究ママ

5歳の女の子と2歳の男の子の2児のママです。長女の歯磨きでとても苦労してきた経験から、子どもの歯磨き対策にはとても詳しくなりました。お医者さんであるパパとも相談しながら、子どもの体と心の健康をモットーに、新しい歯磨きグッズなども一通り試しています。そんな経験を素直に届けたくて、サイト管理人となり、情報発信しています。

-子どもの歯磨きコラム

Copyright© こどもの歯磨き嫌いを直したいママへ!克服するやり方やおすすめグッズ!子どもの虫歯予防 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.